酒心館の利き酒

利き酒デー。

御影にある酒心館に行ってきました。

酒心館
↑国道43号線沿いからの風景
酒心館
↑入り口。

酒心館は、2012年のノーベル賞晩餐会で登場した「福寿」というお酒の蔵元さん。

「福寿」も色々とランクがあり、一般的なものから高級ラインまで置いてあります。

また、量り売りのお酒もあり、
その場で試飲して気に入ったものを購入することもできます。

酒心館 案内看板入り口を入ると案内板。
酒心館 さかばやし
↑入り口から向かって左側が食事処の料亭「さかばやし」

酒心館 ホール
↑入り口から向かって右に利き酒カウンターのあるホール。
利き酒カウンターは6席のみで、予約などはできません。
営業時間は10:00〜17:00。

酒心館
↑近くに大きな桶も展示してあります。

利き酒
↑そしてこちらが利き酒セット¥500。
個人的には一番手前の『純米生酒』が少し癖はありますが、濃厚で料理によく合い
気に入りました。

酒心館 酒の肴3種盛り
↑+今日はお酒の肴3酒盛りセット¥500もいただきました。
真ん中のは豆腐の粕漬けだったかな、
チーズのような感じでお酒によく合う一品でした。
3種盛りの品々も、ホール内で購入する事が可能です。

 

そして、夜は餃子デー。

【材料 (約80個)】〜Ryohei家の場合〜
1.白菜   4分の1の外葉5枚くらい
2.キャベツ 1玉の下3分の1くらい
3.ニラ   1束
4.豚ミンチ 100gくらい?
5.生姜   少々
6.にんにく 大きめ1かけ
7.しょうゆ 大さじ2くらい
8.料理酒  大さじ2くらい
9.塩コショウ 少々
10.ごま油   大さじ1くらい
11.片栗粉  大さじ3くらい
12.餃子の皮 80枚程度

【工程】
1)白菜、キャベツは5cm角程度に切り
フードプロセッサーですこしシャキシャキ感が残る程度に
みじん切り

2)1)が終わったらボールに入れて塩を2つまみ程度ふり
少し混ぜて放置

3)ニラはフードプロセッサーは使用せず、手でみじん切り。

4)豚ミンチは野菜と別のボールに入れておき、少しこねておく。

5)次に、生姜を皮付きのままですりおろし、豚ミンチの上で絞る。(汁だけ使う)
にんにくは皮をむいてすりおろし、そのまま豚ミンチへ投入。
しょうゆ、料理酒、塩コショウ、ごま油、片栗粉を投入しさらに混ぜる。

6)2)で放置していた白菜&キャベツを少しずつ絞り豚ミンチボールに投入。
白菜&キャベツが投入し終わったらみじん切りにしていたニラも投入。
豚ミンチと野菜が全体的に混ざるまで混ぜれば餃子のネタの完成。

7)ティースプーンで餃子の皮に具材をつめて、皮を封していきます。
包んだ餃子は焼くまで皿等に片栗粉をひいて引っ付かないように並べます。

続きはまた後日。

 

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください