0323

イカナゴのくぎ煮の話。

 

今年はニュースでも言われていた通り、異例の不漁続きということで

新子の価格もどんどん上がり、1kgで3000〜4000円という状況。

(いつもなら1kg2000円程、終わりの頃はもっと安い)

ここまで上がってしまう事は、普通では考えられないので

今年は炊く事を諦めた家が多かったようです。

例年であれば、あちこちからくぎ煮を炊く砂糖醤油のいい香りが漂ってくるのですが

今年、その香りを嗅げたのはたった1回。

神戸のこの時期だけの風物詩も今年は楽しむことが出来ず残念。

 

上記の通りなので、ここ数日で早くも新子販売をやめるお店も続出。

寂しい限りです。

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください