東京④

4日目、最終日。

この日は駅員をしている友人に会うのがメインで
その後は帰るまでの時間に行きたいところを行き尽くすという悪あがきプラン。
今回の旅行中、移動手段は地下鉄メインでと決めていたので
都営&メトロで使用できる1デイパスを購入して回りました。

東京に行くなら絶対行きたかった、PUEBCO。三軒茶屋からのスタートです。
▲事前に調べてしまっているのは知っていたけれど、一目本社を見ておきたく
立ち寄りました。あのぶっちぎりなセンスの商品たちが生み出されている現場は
一体どんなだったんだろう。生で見たかったな・・・残念!

▲SHOPの方は営業しているので張り切って行って来ました。
ただ行った時はopen15分程前だったんで、外に商品が出ていない状態の写真です。
この写真を撮った直後に店員さんが来られて、少し早いですが開けますねーと
開けてくださったんです。なんて、優しいっ・・・!嬉

▲店内は見てわかる通り期待を裏切らない、いやそれ以上・・・
商品単体でなければ撮影OKとの事で許可をいただいたので
撮らせていただきました。やべぇ。
あのぶっちぎりセンスの品々が山盛り、全てオリジナル商品です。


オリジナルなのになんでこんなに味わいのある商品が出来るんだろうと
以前から気になっていたので聞いてみたところ、企画・デザインは国内で
製造は海外で行っているそうで。
それでこの味わいある素材の品が出来るわけなんですね。
オーナーさんにもお会いしたかったんですが、今も海外にいらっしゃるようで
向こうできっと新商品の開発などされているんでしょう。うらやましい・・・!

あと、商品を購入したら素敵なキャリーバッグに入れてくださったんですが
実はそれもそのはず、商品としても販売されているものだそう。
でも店で買い物してくれた人にはそのキャリーで渡されているそうです。
感激。

PUEBCO堪能した後、隣に気になる雑貨屋を発見。

こちらのお店、当たりでした。セレクトのセンスがとても良かったんです。
大阪のチャルカが初期の頃に作っていた、オリジナルの味紙商品などもあったり
海外の味紙封筒やアンティークな缶、ジャンク品、などなど。
しかも店主さんもかなりの紙スキーさんで、久々に紙トークを楽しみました。
あまりに熱く語っていると、そういえば・・・と奥からなにやら持って来てくださり
日本製の古いノートパッドで、表紙には「改良規格判紙」の文字。
なんとも言えない焼け具合で、紙自体もとても薄く、和紙のような柔らかさ。
紙好きとしては涎物のこのお品ですが、置いても売れなさそうなんで良かったらと
プレゼントしてくださいました。。。。かなり嬉しすぎました。
店主さん、素敵な思い出をありがとうございました。

その後、周辺を散策していると可愛い交番を発見。

▲交番なのに店みたいな見た目に受けました。

三軒茶屋の次は恵比寿に移動。

▲こちらのギャラリーで東日本大震災支援のチャリティー展を行っているとの情報を
キャッチし、さらにその中にスカイエマさんの直筆クレパス画があると言うんで、
こりゃ行かねばと、なんてタイムリーな。
ギャラリー自体はとてもこじんまりした空間で、総勢70名のイラストレーターさんの
直筆画が展示されていました。全体的に可愛いサイズの作品でしたが、個性豊かなイラストを眺めているだけでも楽しかったです。

恵比寿の次は麻布十番へ。目当ては老舗の鯛焼き。

▲焼き上がるまで30分程かかるそうなので、予約して少し周辺散策することに。

ここまできたら行くしかないでしょう、東京タワー!

▲鯛焼き屋から早足で歩いて片道15分くらいだったかな。意外と遠かった・・・
でも一目この美しい姿を拝めて良かった。
やっぱり東京と言えば、東京タワーですよねぇ。
スカイツリーもいいけども、美しさでは東京タワーだと思います。


▲再び戻って来ると丁度鯛焼きが焼き上がっていました。
うーん!うまい!皮はぱりっ、中のあんこも甘さ控えめでぎっしり入ってて。
やー、満足です。ごちそうさまです。

楽しかった東京旅行もこれにて終了。
東京の地下鉄の乗り換えは乗り換えってレベルじゃねぇ・・・・と思いましたが
どうですか。乗り換えの為に歩いて10分かかるとか、ないですね。。。
しかも東京の地下って、一体何階まであるんですか!あれには驚きました。
そんな掘り下げちゃっていいんですか・・・

帰路
楽しかったです、東京。また行きたい。
今回会えた友人達にも感謝!楽しい思い出をありがとう。
今回残念ながら会えなかった友人たちは
またいつかの機会に会えたらいいなぁと思いつつ!

P.S
ざーっと書いた為誤字脱字読み辛いところ多々あると思います。
後日見つけたら手直しして行きたいと思います。

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください