BRA★BRA FINAL FANTASY 2017

※写真は撮影OKな時間に撮ったものです。

 

毎年恒例になりつつある

BRA★BRA FINAL FANTASY 2017 in 大阪(オリックス劇場)に行ってきました。

全国ツアーが始まって今年で3年目。

毎年、有り難いことに近畿圏の公演チケットをゲットできていたため

欠かさず聴きに行くことができています。

このコンサートは笑いあり、手拍子あり、「ブラボー!」ありと

普通の堅苦しいコンサートではなく演奏者と会場が一体となって

楽しめる内容となっています。

また、FINAL FANTASYゲーム中に流れる数々の名曲の生みの親

植松伸夫氏本人も終始登場される+楽しいトークも聞けるため、とても豪華です。

 

セトリは以下。

  第一部  
1.FINAL FANTASY Vメインテーマ(FF V)
2.ティナのテーマ(FF VI)
3.Ami(FF VIII)
4.モーグリのテーマ(FF V)
5.ラテンdeモーグリ
↑モーグリおっちゃんという男性の振り付けを真似て
演奏中、客席で皆でそれをやるというコーナー

6.FINAL FANTASYメインテーマ(FF)
↑事前にサイト上で告知されており、当日リコーダーを
 持参したお客さんも客席で演奏者と一緒に奏でます
7.いつか帰るところ(FF IX)
8.クレイジーモーターサイクル(FF VII)
9.反乱軍のテーマ(FF II)

  第二部  
10.Force Your Way(FF VIII)
11.グルグ火山(FF IX)
12.親愛なる友へ(FF V)
13.水の巫女エリア(FF III)
14.Vamo’alla Flamenco(FF IX)
15.エアリスのテーマ(FF VII)
16.片翼の天使(FF VII)

 

この中で特に印象に残った曲は

BRA★BRAでは初めて演奏される曲と紹介された

FF7の「クレイジーモーターサイクル」。

ブラスバンドならではの迫力があって最高でした。

また、「親愛なる友へ」が、曲中からスウィング・ジャズテイストに

がらりと変わるところがとんでもなく格好良かったです。

後、リコーダー編成で演奏された

FF9のオープニングテーマ「いつか帰るところ」。

非常に繊細な美しい演奏で、それがまた心に染み渡っていきます。

とにかく臨場感が半端なく、映像等一切ないですが演奏を聴いた瞬間

ゲームの情景が目の前にぶわーっと広がるのです。

それは思い入れがあったゲーム(自分は5や7や9)であればあるほど強く、

琴線を鷲掴みにされブンブンブンと上下されているようで

最初の頃は感情が暴走して涙がとまりません。

とにかく素晴らしいの一言。これを聴くと、必ずもう一度FFがやりたくなります。

毎回行く度に感動して、大満足して、余韻も凄まじく、おすすめです。

機会があれば是非行ってみて下さい。

BRA★BRA FINAL FANTASY

※写真は撮影OKな時間に撮ったものです。

上記は最後の最後、BRA★BRA恒例の、楽器持参のお客さん全員

舞台に上がってオーケストラと共にマンボdeチョコボを演奏する際に撮る

記念写真時の様子。

舞台上が凄いことになります。圧倒されます。

 

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください