0220

さよならの日 その2

 

 

らしさにあふれた

良い見送りだったと思う

 

そのまんま残った家の中の風景や

履歴に残ったメッセージからは

いつもと変わらず

今もいるもんだと思ってしまうけれど

 

もうどこにもいないんだなと思うと

どうしようもない寂しさに襲われる

 

良い見送りだったけれど

やっぱり寂しいなぁ

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください